2008年06月21日

お塔婆

P1040145.JPGお墓に行くと写真の様な木の板が置いてあります。これを塔婆と言います。
私はお寺で生まれ育ちましたので、この木の板はいつも身近に存在していました。幼少期には、兄と共にこの板を刀代わりにチャンバラをして遊んだものです。成長するにつれこの板は何かしら大事な物の様な気がして触らなくなりました。

そして僧侶となり早12年、今思えば何て罰当たりな遊びをしていたものかと反省する今日です。

さて、この塔婆とはいったい何なのかと申しますと、もともとの起源はお釈迦様のお骨を収めるストゥーパからきているんです。その後、お墓などで見られる五輪塔(空輪・風輪・火輪・水輪・地輪)となり、さらに簡略化したものが塔婆と変化していきました。つまりは、塔婆の上の部分はしたから、地・水・火・風をあらわします。昔のインドには、生きとし生けるものすべて、地・水・火・風の四つの要素からできあがっている、という考え方がありました。
わたしたちの身体というのは、この四つの要素からできあがっいる。四っの要素ということで四大といい、大とは要素をあらわします。この四大を木にたとえますと、地とは大地・水とはみず・火とは太陽・風とは大気となりなす。
また、私たち人間もしかり、地とは身体(肉体)・水とは水分・火とは熱・風とは呼吸です。
だから、かたちがあり、水分があって、熱があって、呼吸をしているということが、生きてるということです。これらの何かひとつが欠ける事が  なのです。
これら四大が集まり成長しているという事がなのです。

お塔婆は、様々な時に作られます、おじいちゃん・おばあちゃんんの年忌法要の時やお墓の開眼など様々な場面に登場します。
つまりは、お塔婆とは、おじいちゃん・おばあちゃん自身を表し、お墓と同じなんです。

小さなお子様方、お寺に行って木の板を見つけてもチャンバラしてはいけませんよ、、、

南無阿弥陀仏



posted by 壽法寺【若】 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月16日

ブログ、、、

毎日ブログを更新される方は凄いですね。
私自身、今日久しぶりに書かして頂いていますが、1日に何十回と更新される方もいらっしゃるわけで、、、

今日もお参りのお檀家さんと、若者の活字離れが進んでいると言う話題が有りました、しかし確かに筆をとる事は少なくなってきてるとはいえ、反面パソコンのキーボードを触っている時間は、確実に増えてきてるのでしょうね。

私は塔婆を書くとき、墨汁を横目に、硯に墨をすります。
墨汁を使えばすぐに書き出せるのですが、邪魔くささの中に少し喜びを感じます。
墨をすっている間、字の間隔・太さ・字体など様々な事を考えながら精一杯考え書く字はやはりへたくそ、、、

ブログの文章を考える時少し同じような感覚を感じます。

誠意一杯考えて書きますが、やはりこちらもへたくそですね、、、


posted by 壽法寺【若】 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月07日

林間学校

P1040221.JPG
毎年7月30日31日で天王寺区佛教青年会でお寺の林間学校に行っています。
去年から奈良県吉野山東南院の宿坊をお借りし護摩行の体験や瞑想・ハイキング・ゲーム大会など盛りだくさんで子供たちと楽しんでいます。
本年も沢山の子供たちに来て頂く為、真田山付近の寺院の掲示板や町内のお店屋さんなどにお願いしてポスターを掲示して頂きました。 
1時に集合し張り終わったのが4時、普段歩くことが無いせいか皆さんクタクタになっていました。

御協力頂いた皆様ありがとうございました。

その後は、誓安寺の休憩所にお邪魔させて頂きました。
誓安寺はとても綺麗なお寺で、山門をくぐると鯉達が優雅に泳ぎ橋を渡るとお庭に松や枝垂れ梅が綺麗に整備され建立当時ままの本堂が優雅にたたずんでいます。
まさに古刹と言うにふさわしいたたずまいでした。
最近出来た導師部屋と中庭がすばらしいとのお話でしたので早にご住職に電話をさせて頂きお忙しい中見せて頂きました。 

導師部屋もご住職のこだわりが感じられ、落ち着く中に遊び心が満載でした。
しかしながら一番驚いた所は本堂のすばらしさでした、内陣一杯に書かれた極彩色のカリョウビンガの絵は修復され建立当時の鮮やかさを取り戻していました。
下陣の上に掛けられている彫り物のすばらしさにもまた圧巻でした。
感想は天王寺区にまだこんな立派なお寺があったのかと驚きっぱなしでした。
歩き疲れも忘れるほどの充実した1日でした。  南無阿弥陀仏
P1040236.JPGP1040235.JPG

2008年06月04日

昨夜の出来事

P1040219.JPG昨夜は、大阪教区浄土宗青年会の会議が千日前竹林寺にて行われました。
今回の議題は、ミャンマー・四川の災害義援金について
大阪教区浄土宗青年会のホームページについて etc・・・
など色々でしたが、中でも研鑽会(救急の日托鉢)についてお話します。
毎年9月9日に千日前竹林寺・法善寺門前において、約20名ほどの青年僧が集まり街頭托鉢を行っております。
例年は各々が改良服や衣を着て托鉢を行いますが、今年は黒衣に素足にて托鉢をしてみようと言う事に成りました。
中には素足に意味がないとの意見や、例年どうりで良いのでは無いかと言う意見も有りました。

しかしながら、私自身の意見としては、研鑽とは学問などを深く研究すること・佛教的には己の佛心を研ぎすますと理解し托鉢にて多くの人々の浄財を頂く身であるならば、ひじりとなり一心にお念仏行をさせて頂く事に賛成致しました。

今年の研鑽会(救急の日托鉢)が心待ちです。

会議後は、先日何者かに破壊された法善寺横丁の水掛不動尊両脇に配してる左側の童子を観に行きました。
ひどいことに心無い者に無残にも童子の姿は跡形ありませんでした。
壊れた下座には悲しげに苔だけが残っていました。
分かり難いですが、写真左手です。

posted by 壽法寺【若】 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月02日

☆祝☆ブログ開設

感応寺御住職並びに壽法寺ご担当の皆様、ありがとうございます

ブログが開設しましたらまずは御礼を書こうと決めていました。
こうして、ウェブ上にアクセスさせて頂けるのもすべてお手伝い頂いた方々のおかげです。

これから少しずつですがアップしていきます。

posted by 壽法寺【若】 at 14:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月31日

テスト

ブログテスト
ブログテスト
posted by 壽法寺【若】 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月30日

テスト

寿法寺ブログ記事投稿テスト
posted by 壽法寺【若】 at 15:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記